本文へスキップ
HOME コンサート形式 オーディション ピアノレッスン ソルフェージュ セミナー・コンサート プロフィール 問い合わせ・アクセス
セミナー(講座)とコンサート情報

Music Studio C主催(共催・後援)セミナー 詳細はメールでお問合せください 

セミナー・講座
身体機能にあったピアノ奏法講座 基礎・応用  手や指だけでなく、身体全体とピアノ奏法のかかわりを基本動作より見直す講座です。(下記ワークショップをご参照ください)
ピアノとソルフェージュ導入の指導法講座 ピアノ指導の第一歩としてとらえるソルフェージュ指導法や子供との接し方について(定員制/対象:音大生/全6回)実習あり。(日程調整中 4/20現在)
耳を育てるソルフェージュ指導法講座 実践

※終了しました。
基本的な聴音やソルフェージュのアプローチから、一歩踏み込んだ耳を育てるための指導法について(定員制 ・ 対象/ピアノ指導者 ・ 全6回単発受講可能)
① 5 月24 日/幼児へのアプローチ ソルフェージュはじめの一歩
② 6 月28 日/リズムとハーモニー
③ 7 月26 日/初見の研究
④ 8 月23 日/ポリフォニー導入(バッハの研究)
⑤ 9 月27 日/ブルグミュラーを使って
⑥11 月22 日/ソナチネを使って(都合により中止)
コンサート情報/2017-2018
 スプリングコンサート2017  2017年2月19日(日) 13:00~ / 南大沢文化会館 交流ホール
Music Studio Cの子供たちが出演します。今回はAll Ensembleです。
 室内楽コンサート 2017年3月26日(日) 18:30~ / 代々木上原・ムジカーザ
松本裕子pf・瀬崎明日香vl, 阿部真也vla・ササキ・マルモvc
阿部真也と仲間たち室内楽コンサート (主催:音の輪)
曲目/All Brahms Piano Quartet 1-3
 八王子消化器病院ロビーコンサート 2017年5月26日(金) 18:30~ / 八王子消化器病院(八王子市万町)
松本裕子pf, 阿部真也vl&vla, 谷口賢記vc
曲目/未定
 スタイナートジャパンツアー2017/秩父公演  2017年6月10日(土) 14:00~ / 秩父歴史文化伝承館(秩父市)
松本裕子pf, マーカス・プラッチvl, ブルクハルト・マイスvla, 谷口賢記vc
スタイナート・ジャパンツアー2017(主催:スタイナートトリオ)
曲目/Brahms piano quartet op.60 他
 室内楽コンサート 2017年8月11日(金) ①14:00~ / ②17:30~
会場:代々木上原 ムジカーザ
阿部真也と仲間たち室内楽コンサート(主催:音の輪)
松本裕子pf,阿部真也vl&vla,ササキマルモvc
曲目/All Brahms Piano Trios, 1-3, viola trio, Horn trio
 Let’sアンサンブル 
ワークショップ&コンサート
 2017年8月27日
松本裕子pf, 谷口賢記vc,守屋真琴vl 
曲目/未定
主催/メロディ・ボックス
  ラ・ソノリテ 2017 2017年10月9日(祝) / 八王子いちょう 大ホール
松本裕子門下生のピアノ発表会。加藤明子先生の門下生と合同でコンサートスタイルです。入場無料。
 室内楽コンサート 2017年10月22日(日) 18:30~ / 代々木上原・ムジカーザ
松本裕子pf・ 阿部真也vla他
阿部真也と仲間たち室内楽コンサート (主催:音の輪)
曲目/ Brahms Piano Quintet
 クリスマスコンサート2017  2017年12月16日(土) 13:00~ / 南大沢文化会館 交流ホール
Music Studio Cの子供たちが出演します。

お知らせ

ワークショップ
地図

講師:松本裕子
腱鞘炎や肩こり・背中の痛みはピアニストの職業病として仕方ないものと思っていましたが、フェルデンクライスメソッドと出あい劇的に改善しました。2011 年に資格を取得し、自分自身の演奏や指導に役立てています。
ピアノ奏法を専門としたワークショップを各地で開催。このジャンルの需要の多さと悩みの多さに改めて驚いています。今はピアノを弾くと体がほぐれるようになったと実感していますし、演奏もずっと楽になりました。ジストニアなど深刻な手の障害の方へのレッスンと研究も行っています。個人レッスンも可能です。

ピアニストのためのフェルデンクライス

ピアノを弾くために ~からだの使い方講座~

2017年 
フェルデンクライス/ツェルニー30番をきわめる!
第2期

1回2時間の講座シリーズ。でフェルデンクライスのATMを通して身体の使い方を模索したのち、実際にツェルニー30番などシンプルな動きのテクニックに応用するワークショップをシリーズで行いました。
2017年4月に第1期が修了。ツェルニー30番練習曲より第1・6・9・12番を学びました。
その第2期をスタートします。

第1期同様に身体本来の動きや機能を活用して、無理のない演奏技術を身に着けることを目的とします。
後期のテーマには実践的に「ツェルニー30番エチュード」を活用します。身体の機能を効果的に使うフェルデンクライスの世界を体験して頂きながら、「はやく」「正確に」「美しく」「疲れずに」弾くことを目指してみます!(予約制・定員制)

クラス(10:00-12:00)

近日発表

●各クラス定員4-6名。
●対象:大学生以上のピアノを弾ける方
●詳細はお問合せください。
※同じクラスを2回受ける必要はありません。


 終了したワークショップ(2016年)  
 ① スケールとアルペジオ(基礎)
…前期 / 5/17(火)・6/21(火)
知らず知らずに身についてしまった癖や習慣を探すことから始め、自分の身体の機能を確認しながら無理なく弾ける奏法を探します。アルペジオとスケールはピアノ奏法基本の2 つです。簡単なエチュードを1 曲まとめます。身体の「機能」という意味を実感して頂く時間になると思います。

② 跳躍(基礎)
…前期 / 6/14(火)・7/5(火)
跳躍はピアノ奏法の基本ですが、実は謎の多い動きです。身体だけでなく感覚も活用して素早く正確に跳躍する方法を模索してみましょう。簡単なエチュードを1 曲まとめます。

③ スケールとアルペジオ(応用)
…前期 / 5/31(火)・7/12(火)
基礎編を受けられた方限定です。肩甲骨や胸骨を動きに焦点をあて、そこからスケールとアルペジオの技術アップにつなげます。簡単なエチュードを1 曲まとめます。肩こりがなくなるという意味を実感頂けると思います。
 2016年 
「フェルデンクライス/ツェルニー30番を極める!」

楽器奏法というと指や手の動きだけに注目しがちですが、全身の動きが大きくかかわっています。
どのような身体の使い方をしているか、どのような癖があるのか、など自身について気づくことから始め、身体本来の動きや機能を活用して、無理のない演奏技術を身に着けることを目的とします。
後期のテーマには実践的に「ツェルニー30番エチュード」を活用します。身体の機能を効果的に使うフェルデンクライスの世界を体験して頂きながら、「はやく」「正確に」「美しく」「疲れずに」弾くことを目指してみます!(予約制・定員制)

クラス(火曜日/10:00-12:00)

11/8, 11/29, 1/10, 1/31, 2/14, 2/28, 3/14

●各クラス定員4-6名。
●対象:大学生以上のピアノを弾ける方


開催の記録


スタシイ・スプリングコンサート
設立20周年記念イヴェント 
会場/南大沢文化会館交流ホール 2016/2/21 
お陰様でMusic Studio Cも設立20周年を迎えました。記念行事としてスプリングコンサートを盛大に行いました!今年のテーマは音楽の基本に戻ろう!ということで「歌」と「ホーム・アンサンブル」にしました! 歌や沢山のアンサンブル・親子連弾を楽しみました。またゲストに「アンサンブルjam」をお迎えして、歌とピアノを大いに楽しみ盛り上がったひと時でした。

毎年恒例/ La Sonorite ~ラ・ソノリテ~
コンサートスタイルの発表会
会場/南大沢文化会館 主ホール
毎年10月に開催するピアノ発表会。幼児から大人までの熱演が続きます。
2007年春/ウィーン音楽研修ツアー
5泊7日/受講生10名
小学生~大学生を連れてウィーンに行きました。
現地でレッスンを受け、修了コンサートでは楽しく華やかに演奏しました。


2011年春/ウィーン&パリ室内楽研修ツアー

5泊7日/受講生5名

ウィーンで室内楽を学びその後パリを散策しました。
ウィーンではモーツァルトやシューベルトの室内楽を、現地の素晴らしいヴァイオリニストとチェリストの先生方と共演しました。

 

2008年秋/DuoSeries

会場/昭和音大ほか
ロシア人ピアニストのザイツェバ&フィテンコご夫妻をお招きして、デュオのセミナーを行いました。連弾や2台ピアノを堪能しました。
 

毎年恒例/ スタシイ・クリスマスコンサート
スタシイ・スプリングコンサート
毎年恒例/南大沢文化会館交流ホール
冬・春に開催のコンサート。サンライズ教室と西八王子教室の子供たちが中心です。2013年と2014年は室内楽に挑戦しました。ピアノを習い始めの子供たちもしっかりとヴァイオリンやチェロとのデュエットを楽しみました。

過去の開催記録

 
 お問合せはこちら
 
ピアニストのためのフェルデンクライス